読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こわいものみたさ|おすすめホラー小説の書評

ホラー小説の書評・感想をメインにご紹介

【ホラー小説書評】天使の囀り/貴志祐介

天使の囀り (角川ホラー文庫)

あらすじ

北島早苗は、ホスピスで終末期医療に携わる精神科医。恋人で作家の高梨は、病的な死恐怖症だったが、新聞社主催のアマゾン調査隊に参加してからは、人格が異様な変容を見せ、あれほど怖れていた『死』に魅せられたように、自殺してしまう。さらに、調査隊の他のメンバーも、次々と異常な方法で自殺を遂げていることがわかる。アマゾンで、いったい何が起きたのか?高梨が死の直前に残した「天使の囀りが聞こえる」という言葉は、何を意味するのか?前人未到の恐怖が、あなたを襲う。

 

書評

 「黒い家」や「新世界より」で有名な貴志祐介ですが、この作品も評価されるべき名作だと思う。

 

詳細はネタバレになるので書かないけど、周りの人が次々と「自ら最も恐れていた方法で自殺する」という異常行動の謎を解くという、ミステリー要素もふんだんに含まれた話。決して現実離れしすぎていない恐怖を非常にうまく表現できていて、一気に話に引き込まれてしまうこと間違いなし。

 

その自殺シーンの描写(特に蜘蛛のやつ…)が結構エグくて目を背けたいんだけど、なぜか読んでしまう。また生物学や薬学、医学などの専門知識が多いが、さほど読むのに苦労することもない。ここら辺が文章力のうまさなのかなあ。

 

クライマックスは信じられないぐらいカオスなシーンになっていて、想像するのも嫌なエグい描写ですが、もうその頃には話に引き込まれまくっていて、これまた一気に読んでしまうと思います。

 

またラストシーンもかなり精神的にグッとくるシーン。最後の最後まで楽しめる作品。

 

こんな人におすすめ

  • 虫を嫌悪していない人
  • エグい描写に耐えられる人
  • ミステリー系、ハラハラ系が好きな人
  • 全てのホラー小説ファン