読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

こわいものみたさ|おすすめホラー小説の書評

ホラー小説の書評・感想をメインにご紹介

【ホラー小説書評】死人を恋う/大石圭

死人を恋う (光文社文庫)

あらすじ

 (クリスマス・イヴに死のう)人里離れた山林に死に場所を求めた「僕」の前に、一台の車が現れた。やって来たのは、自殺サイトで知り合ったらしき男女6人―。彼らの最期を陰から見届けた僕は、その中の一人の美少女に目を奪われた。彼女のあどけない死に顔が、僕の冥い欲望に火をつけた…。人間の深い業を描き、戦慄の世界へと誘う衝撃の書。

書評

続きを読む

【ホラー小説書評】人を殺す、という仕事 /大石圭

人を殺す、という仕事 (光文社文庫)

あらすじ

 僕のもとにある日届き始めた一通の手紙。そこに書かれた指示に従うことで、僕の人生は驚くほど順調だった。手紙のお陰で、今後も幸福な人生が続くと信じていた。それが「殺人」を命じるまでは。従わなかった結果―母が死んだ。次は妻や娘たちの番だというのだ。あどけない少女、臨月の妊婦…僕は次次と手を血に染めていく。邪悪で美しい、傑作「暗黒小説」。

 

書評 続きを読む

【ホラー小説書評】ZOO2/乙一

ZOO〈2〉 (集英社文庫)

あらすじ

 天才・乙一のジャンル分け不能の傑作短編集その2。目が覚めたら、何者かに刺されて血まみれだった資産家の悲喜劇(「血液を探せ!」)、ハイジャックされた機内で安楽死の薬を買うべきか否か?(「落ちる飛行機の中で」)など、いずれも驚天動地の粒ぞろい6編。文庫版だけのボーナストラックとして、単行本に入っていなかった幻のショートショート「むかし夕日の公園で」を特別収録。

 

書評

乙一による色々なジャンルのショートストーリーを集めた短編集その2。

以前紹介したZOO1とは少し異なりポップな雰囲気の話が多め。とはいえグロい表現やえげつない終わり方をする話は顕在で、さすがは「乙一ワールド」といったところか。

今回も各ストーリーで「黒乙一」「白乙一」で分類していきます。

 

①血液を探せ!:?

痛みを感じない体質の資産家が、眠りから起きると腹に包丁が刺さっていて、犯人を捜す話。とにかく登場人物が変な人ばかりで、ボケ老人の医者、露骨に遺産を期待している妻、アホな息子たち…そのおかげで終始喜劇のような感覚で読める、シンプルなミステリー。

 

②冷たい森の白い家:黒!真っ黒!

カオスな話です。

奴隷のように扱われた子供が家を追い出されて山の中で暮らし、人を殺してその死体で家を作るという話。…意味が分からんですなあ(´・ω・`)

短い文章で淡々と進んでいくので、一気に読見終えることができる分、読み終わった後に「なんだこの話は…( ゚д゚ )」となること間違いなし。

 

③Closet:?

シンプルなミステリーですね。ネタバレになるので特に内容は描かないですが、白でも黒でもない普通のトリック小説です。

 

④神の言葉:黒

自分の言ったことが、どんなことでも実現される少年の話。その力を多用するあまり、どんどん取り返しのつかない状況なってしまい、最終的にはとんでもないことになってしまう。人間の闇を描いたブラックな話。

 

⑤落ちる飛行機の中で:黒

これが一番面白い。

ハイジャックされた墜落しそうな飛行機の中で行われる、セールスマンと女の全く緊張感のない会話が大部分を占める話。死ぬなら痛みを感じずに死にたい女に対して、死ぬ前に一度でもいいから高いものを売りたいセールスマンが安楽死できる薬を売ろうとする。

登場人物がみんなどこか間抜けで面白い。

 

⑥むかし夕日の公園で :黒

ものすごく短い話。不思議でちょっと怖い。

こんな人におすすめ

  • ミステリーが好きな人
  • ホラー小説初心者

【ホラー小説書評】地下牢の女王/大石圭

地下牢の女王 (光文社文庫)

あらすじ

 熱狂的ファンからのメールに添付された写真。その美貌に小説家の目は釘づけになった。メールのやり取りを重ね、近づいてゆく距離…。そして女の自宅へと招かれた夜。甘美な期待は、恐怖と絶望へと一変した!女は薬で眠らせた彼を地下室に監禁したのだ。―私が発表するための小説を書きなさい。拒めば、身の毛もよだつ責め苦が待っていた。狂気の監禁劇。

書評

続きを読む

【ホラー小説書評】ZOO1/乙一

ZOO〈1〉 (集英社文庫)

あらすじ

 何なんだこれは!天才・乙一のジャンル分け不能の傑作短編集が「1」、「2」に分かれて、ついに文庫化。双子の姉妹なのになぜか姉のヨーコだけが母から虐待され…(「カザリとヨーコ」)、謎の犯人に拉致監禁された姉と弟がとった脱出のための手段とは?(「SEVEN ROOMS」)など、本書「1」には映画化された5編をセレクト。文庫版特別付録として、漫画家・古屋兎丸氏との対談も収録。 

書評

続きを読む

【ホラー小説書評】鼻/曽根圭介

鼻 (角川ホラー文庫)

あらすじ

 人間たちは、テングとブタに二分されている。鼻を持つテングはブタに迫害され、殺され続けている。外科医の「私」は、テングたちを救うべく、違法とされるブタへの転換手術を決意する。一方、自己臭症に悩む刑事の「俺」は、二人の少女の行方不明事件を捜査している。そのさなか、因縁の男と再会することになるが…。日本ホラー小説大賞短編賞受賞作「鼻」他二編を収録。大型新人の才気が迸る傑作短編集。

書評

続きを読む

【ホラー小説書評】天使の囀り/貴志祐介

天使の囀り (角川ホラー文庫)

あらすじ

北島早苗は、ホスピスで終末期医療に携わる精神科医。恋人で作家の高梨は、病的な死恐怖症だったが、新聞社主催のアマゾン調査隊に参加してからは、人格が異様な変容を見せ、あれほど怖れていた『死』に魅せられたように、自殺してしまう。さらに、調査隊の他のメンバーも、次々と異常な方法で自殺を遂げていることがわかる。アマゾンで、いったい何が起きたのか?高梨が死の直前に残した「天使の囀りが聞こえる」という言葉は、何を意味するのか?前人未到の恐怖が、あなたを襲う。

 

書評

続きを読む